学会賞および研究助成 応募書式


賞内規はこちら

例 会

■Young Investigator Award (応募書式)

目 的本学会の学生会員に対して学術研鑚の意欲を向上させる事を目的とする。
資 格本学会の大学院生および学生会員
対象業務本学会の例会(2月, 6月, 10月)に発表のもの
応募方法自薦あるいは他薦
研究概要(本文1,200文字以内, 図表の添付も可)を提出する
選考方法平成19年より実施する。
披推薦者を選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会が決定する
賞及び助成表彰状、賞金5万円
8件以内

■Travel Award_学外例会のみ (応募書式)

目 的本学会員に対して学術研鑚の意欲を向上させる事を目的とする。
資 格本学会の会員
対象業務本学会の学外例会に発表のもの
応募方法自薦あるいは他薦
研究概要(本文1,200文字以内, 図表の添付も可)を提出する
選考方法平成22年より実施する。
披推薦者を選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会が決定する
賞及び助成表彰状、賞金3万円


総 会 

■研究努力賞 (応募書式)

目 的本学会の学生会員に対して学術研鑚の意欲を向上させる事を目的とする。
資 格本学会会員の内、助教あるいはこれに準ずる会員
対象業務本学会あるいは本学会会誌に発表したもの
応募方法他薦
各教室責任者の推薦或いは理事会推薦とし、責任者推薦には推薦状を必要とする
選考方法被推薦者を選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会が決定する
賞及び助成表彰状

■宿題報告 (応募書式)

目 的本学会会員の研究活動を推進助成し、その成果を問う機会を与える事を目的とする
募集人員1名
資 格本学会会員で会員歴及び本学での研究歴が5年以上である会員
対象業務自薦課題あるいは学会理事会の提唱課題を対象とする
応募方法規定の宿題報告研究計画書を提出する。
指名を受けた日から2年目の年度総会で報告する
選考方法応募者の中から選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会が決定する
賞及び助成助成金 35万円

■堀 研究奨励賞 (応募書式)

目 的講座(分野)間の共同研究を推進助成し、本学会会員特に若手研究者の学術活動の向上を目的とする
資 格本学会会員で准教授、講師、助教あるいはこれに準ずるもの
対象業務研究途上のもので臨床講座(分野)と基礎講座(分野)による共同研究を対象とする
応募方法研究途上のもので臨床講座(分野)と基礎講座(分野)による共同研究を対象とする
別刷、抄録或は研究計画書、過去の業績等を提出する
2年後に本学会(例会または総会)で発表する
選考方法応募者を選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会で決定する
賞及び助成表彰状、助成金 60万円

■優秀論文賞 (応募書式)

目 的学外に於ける本学会会員の学術的に貢献度の高い業績を表彰し、学術振興の一助とする事を目的とする
資 格第一共著者が本学会会員であること
対象業務学外の雑誌に発表済の論文を対象とする
(前年4月1日より今年3月末日迄に発行されたもの)
応募方法自薦あるいは他薦
別刷15部及び抄録15部(1,600字以内)を添付
受賞者には総会表彰式の後、要旨を発表する
選考方法選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会で決定する
賞及び助成表彰状
賞金各5万円(但し、檜垣賞・川村賞・臨床研究賞受賞者のみ)

■Student Award (応募書式)

目 的本学会学生会員に対して学術研鑚の意欲を向上させる事を目的とする
資 格本学会学生会員
対象業務本学会あるいは本学会会誌に発表のもの
応募方法自薦あるいは他薦
所定の書式に応募者名、研究発表の題名などを記載のこと
また責任者推薦には推薦状を必要とします
選考方法被推薦者を選考委員会が審査選考し、理事会が承認、評議員会が決定する
賞及び助成表彰状、賞金3万円



学会賞および研究助成受賞者一覧


●令和元年度 → 詳細

●平成30年度 → 詳細

●平成29年度 → 詳細

●平成28年度 → 詳細